マンションの修繕工事

マンション修繕工事は外壁や屋上の検査をする

修繕工事中のマンション

マンション大規模修繕工事で行う工事の中に、外壁や屋上の検査があります。大規模修繕前には、マンションの状態を知ることが大切です。大きな建物のため、普段の生活では気が付かない外壁や屋上の状態を、専門業者へ依頼して、専門家が目視や機器を用いて検査していきます。建物の劣化などを知ることで、どのような工事が必要なのか明確になります。建物に合った工事ができます。
外壁のチェック項目は、コンクリートやタイル面のひび割れ状態、浮きや鉄筋露出の有無です。仕上げ材とシーリングの変退色を確認し、雨水の浸食を防ぐために補修していきます。建物の強度を維持するために、金属部の腐食状況なども知る必要があります。
屋上のチェック項目は、屋上防水のひび割れやはがれ、浮き、ふくれの有無を確認します。漏水した痕跡の有無を見つけることで、早期発見につながります。塗膜の劣化や浮きなどを見つけたら塗装を行い、雨漏りしないように補修していきます。
マンション大規模修繕工事には、外装や共用部分の修理以外にも、駐車場設備の修理やセキュリティ設備やとエレベーターなどの修理などもあります。補修する箇所が多くなるので、工期は長く時間と費用がかかります。工事後は新築のようにきれいになるため、気持ち良く暮らせるようになります。