マンションの修繕工事

マンション修繕工事はリフォームしたり設備の入れ替えを行う工事

綺麗なマンション

マンション大規模修繕工事は、建物の老朽化に対応できるように、リフォームしたり設備の入れ替えを行う工事です。マンションの寿命は60年以上と考えられていますが、定期的な点検と修繕によって、60年以上建物を維持させていくことができます。そうすることで、居住者が安全で快適な生活を送れるようになります。いつまでも長く住み続けられるように、環境を整える必要があります。
専門業者へ依頼すると、マンション大規模修繕工事を行うことができます。建物の設備の劣化状況のを確認し、修繕や回復工事を計画していきます。国土交通省のガイドラインでは、最初に行う大規模修繕を築12年を目安としています。これは目安で、建物の状態に合わせて12年を待たずに大規模修繕が必要になることもあります。定期点検を行って、不具合が見つかった時には、計画を早める必要が出てきます。
マンション大規模修繕工事の内容は、コンクリートやタイル補修、外壁塗装、鉄部や屋上の防水塗装、給排水管の補修などです。補修だけでなく、塗装などで建物の美観を良くしたり、バリアフリー化にする工事も行えます。居住者に合わせて住生活空間を様々な形に変化させ、向上させる役割もあります。